index

日野レインボーHR神奈中仕様(架空)製作しました

今回から俺が時々(いつも)作っているペーパークラフトの製作記も掲載したいと思います。作る人いないと思うけど作り方の参考になれば…笑
(単なる尺稼ぎとか言ってはいけない)

もしかしたらHPでのデータ公開に踏み切るかもしれません。

というわけで記念すべき第1回は日野のレインボーHRという車にしました。

こやつ、神奈中にはいないので箱根登山で見た時「レアなやつなのか?」と思ってしまったのですが、どうやら関鉄やら都営やらにゴロゴロしているらしく単に神奈中が入れようとしなかっただけのようです。
というわけで神奈中にいたらどんなんだったのかなぁと思って作りました。

いつも製作する際の元データは港南電鉄様のサイトや掲示板で公開されているペーパークラフトを使用しているので今回もそれを使用します。


種車データとして使うのは東急バスの車両。まずはこのデータを神奈中仕様に塗り替えたり改造したりします。

このまま塗り直すこともできますが、それだと最悪の場合1ドットずつ塗り直すことになりかねない(特に広告など)ので、一旦白色化します。やり方は簡単。白色塗り潰しを繰り返すだけです。

白塗りしたものがこちらになります


ここから神奈中色に仕上げていきます。このとき、目安となるように横に神奈中の個体(別の車両でよい)を用意して見ながらやると比率とかもやりやすいかもですよ?下のスクショのようにね。



最初に地色となる薄橙を全面に塗っていきます。この薄橙ですが、プリンターの発色によってかなり差がでてくるので注意してください。こちらの環境ではHP製のを使用しますが、黄色が強くなりました。エプソン製はPC作業時と似たような発色だと思っていただいて構いません。ただ製品によってですが全体的に荒い仕上がりになりました(だから買い換えた)。

そして塗り終えたのがこれですね。


続いて車体下側の赤色を塗っていきます。こちらから左右で比率を確認しながら微調整をしていきます。

はい、塗り終わりました。


続いて橙の帯を入れていきます。


はい、完了しました。ここまでくれば参考絵も必要ないので消しちゃいます。


そしてロゴやステッカー類を張り付けていきます。今回は前面のロゴを作るのが面倒だったので社紋にしました。



最後にバンパーとナンバープレートを作成して完成です。

この後は印刷して組み立てていきます。


印刷しました。やっぱ黄色が強いですね。

さぁ、まずは切り出していきましょう!笑


とりあえず車体とクーラーを切り出しました。まずは車体を…といきたいところですが、そうすると屋根上機器がつけづらくなるのでクーラーの組み立て・接着を行います。


くっつけました。ピントあってていいでしょ(そこじゃない)

次にベンチレータ?だっけ、あの丸いやつをくっつけていきます。



くっつけました。妙に一部分だけ立体的で違和感ありますね。

ではやっと箱に組み立てていきます。順番としてはリヤ→フロント→床下の順番で接着したほうが楽かなーと思います。


はい、組み立てました。もうこれで完成でいいですかね?
実際のところ作る時間なくてここまでに2週間以上かかっていますし…(記事作成が2ヶ月後なのは秘密)

ではバンパーの組み立て、接着に移ります。


こいつがリヤバンパーになります。このまま組み立てて取り付けてもいいんですが、それだと歪みがでたり強度が不足するので取り付ける時に少し加工をします。


このような形で厚紙を3つ折りにします。それを…


 このような形でバンパーと車体の間に接着します。このときにバンパーパーツの上側のツメは車体に固定します。


そして側面部も接着し、バンパーの取り付けが完了しました。中に紙を入れないとバンパーがふにゃふにゃになってしまうので、これがあると見栄えがかなり変わります。手間がかかって面倒なんですけどね…



フロントも同様に接着し、これで完成です。ちなみにフロント部分はパーツのサイズを設計時にミスっていたらしく、一部削る羽目になってしまったので造形としては汚くなってしまいました、悔しい。

製作記としてはかなりはしょったものになってしまいましたが(時間がなかった)、いかがでしょうかね?笑


これまでに作った日野車と並べて撮影。こうしてみてみるとなんだか違和感がありますね。多分神奈中を見慣れていない人にとっては違和感も何もないと思いますがね…笑

今回はこれにて。次に製作するのはエルハイかBRCハイブリッドかB&Yワンロマか…
まぁ気が向いたら作ります。笑

雪の中



普段は雪が滅多に降らないと言われている小田原ですが、11月なのにがっつり降りました。誕生日前に雪が降るなんて生まれてから初めてですよ……

1番凄かったのは開成~渋沢の区間だったのですが、新松田→渋沢の前面展望映像を撮影したので載せておきます。


2016/09/06 長野方面大回り

この日は文化祭の代休で暇だったこともあり、知人から18きっぷの余りを購入し出かけることにしました。

始発電車で厚木に行き、日付印を押してもらおうとしましたが、厚木には印がないらしく別の場所で押してもらうことに…

とりあえず北へ向かいます。

相模線 橋本行き 205系R4編成 クハ204-504

朝早いこともあり余裕で角席を奪取することができたが、進行方向左側の席だったためいかんせん朝日が半端ではなかったです。控えめに言ってまぶしいくらいでしたね…。
番田で大量に人が乗ってきて、南橋本では朝の小田急下りよりもはるかに多いくらいの人が…(伝われ)。最近は南橋本も人気度が高まってきているという話も聞きますし、相模線も通勤路線化してきているのですかね。そんなこんなで橋本に到着。

横浜線 八王子行き E233系H001編成 サハE233-6001

本日最初のE233系。果たして今日「E」がつく電車には何本乗ることになるのだろうか…笑

相模線ほど混んではおらず、八王子みなみ野からは運良く座ることができました。正直言って毎度の如くお世話になる区間なので特筆すべき点なし。

八高線 川越行き 209系ハエ61編成 クハ209-3001

通学時間帯ということもあり、混んだり空いたりを繰り返していました。JK見放題((((((
拝島で青梅線列車の接続待ちをしていましたが、東京行きの快速列車には長蛇の列ができていました。拝島なんかも東京のベッドタウン化していたんですね。交通の便はあまりよくなさそうなんですけど…

八高線 高崎行き キハ111-206

高麗川で下車した人の大半がこちらに乗り換えると思いきや乗り換えたのは10人程度。身構えていたのに拍子抜けでした。越生でボックス席に座れたのであとは高崎までのんびりと。久しぶりの八高線で、TJや秩父鉄道なんかも見れるかなぁと思っていましたが残念ながら見れず…。ところでこの間、越生や丹荘の辺りで雨が降ってきていました。晴れてたと思ったら雨が降り、と思ったらまた晴れての繰り返し。天気持つか不安です…。

そんなこんなで高崎着。

7**M 普通 水上

引退が示唆されている115系がいたので記録程度に撮影。あまり撮影意欲がわかないんですよね…

さて、次に乗る信越線が到着するホームに行ったのですが、何両かわかりません…。やっとのことで見つけ出したその数字は「2」。107系に乗れるっぽいです。

信越本線 横川行き 107系R14編成 クモハ107-114

高崎から座れていけるかな~なんて余裕をかましていたら想像以上の混雑…。結局終点の横川まで座ることができませんでした。仕方なくかぶりつきをしていましたが、だんだんと碓氷峠が近づいているのだな、という実感が湧いたのでこれはこれでよかったかな…。

JRバス碓井線 軽井沢駅行き 三菱KC-MS829M  H644-97415(長野200か 794)

横川と碓氷峠を越えた軽井沢までの間は電車が廃止されてしまって現在はないので、JRバスが運行している代替バスで軽井沢駅まで向かいます。平日なので空いてるかなと思いきや補助席も使っていました。横川駅近くにもう1台止まっていましたし、きっと土日などは2台目を投入するんでしょうね。
途中の道はthe峠道という感じで、右に左に揺られまくりました。景色は良かったけど酔う……

そんなこんなで定刻より4分早く軽井沢に到着。標高差500mを通り抜けただけあり、バスから降りたら上着を着てても肌寒く感じました。


とりあえず乗ってきたバスなんかを手短に撮影。

西武高原バス A7-207 (長野200か1470) 日産PB-RM360GAN改

向かいに西武高原バスという会社のバスが止まっていました。どうやら西武グループの会社で、軽井沢近辺~草津方面にしか路線がないようです。そのせいか保有車両数も少ないうえ、西武バス本体のお古ばっかあるらしいです。ちなみにこれは西工が架装した日産スペースランナーRAだとか。

バスに接続するしなの鉄道に乗ります。

バス停から駅舎に移動する際、こんなものを見つけました。どうやら軽井沢でG7の関連会合が行われるそうですね。
駅舎内のお土産屋さん等を物色しましたが、特に興味をひくものがなかったので(某駅の駅名標キーホルダーがあればなぁ…なんでキューピーしかないの…)切符を買ってホームへ移動します。

しなの鉄道 小諸行き 115系S1編成 クハ115-1104



ここから長野方面に向かいますが、昼間は小諸で系統が分断されているようなのでまずは小諸まで向かいます。乗車するのは115系。よくよく考えたら高崎で乗れなくてもこちらで乗れましたね。
車内は平日の昼間ということもあってか乗客は少なく、ボックス席でも空いているところがところどころあったりしました。ザ・ローカル線といった感じですかね。静かな車内に響き渡る電車の音が堪能できました笑

しなの鉄道 長野行き 115系S9編成 クモハ115-1527

小諸で長野行きに乗り換え。例によって115系です。小諸を出た直後の車窓はこれまでと特段変化はないように感じましたが、上田、坂城、屋代、篠ノ井とだんだん市街地が近づいている印象を受けました。時折新幹線の高架や上信越道なんかも見えましたね。ちなみに上田までの某駅でテンションが上がりましたね。一部の方にはわかると思います、ええ。
そして長野が近づくにつれて乗客がどんどん増えていったなぁと。


長野でお昼ご飯を食べるわけですが、あてがありません。仕方なく駅ビルの蕎麦屋へ。せっかく長野まで来たので安曇野そばもいいかなぁと思い、安曇野わさびそばを購入。思っていたよりわさびが辛かったです。さすがおろしわさび。今度はちゃんとしたお店で名物料理とか食べてみたいなぁ…(1人で行く勇気がないんです)。
ついでなのでここでお土産も購入。自分用は別にいいかなぁ(駅名標キーホルダーの件が悔しかった)と思ったので、家族用と彼女用で信玄餅を購入。そういえば信玄餅って山梨だよね…なんで長野駅のお土産コーナーででっかく飾られてんの…。

次に乗る電車まで時間があったので、しばし散策。白馬行きの高速バスが出ていたりしたような…。あとは善行寺口のほうでアルピコ交通のバスを見かけましたね。
電車の時間が近くにあったのでホームへ行くと特急しなの号が止まっていました。いつもなら使っていると思いますが、今回はお金があまりないので使いません。悔しい…。
そうこうしていると北しなの線の電車が来ました。JRの長野色にしなの鉄道のロゴをつけただけのお手軽簡単工作のようで…。


旧信越本線を繋ぐ2本の列車。長野で乗り換えても妙高高原までしか行けなくなりました。そこから先、新潟県へはえちごトキめき鉄道に乗り換えです。

無理やり2色並びなんかを撮っていたら乗る電車が来たので一路松本へ向かいます。

篠ノ井線 松本行き E127系A9編成 クモハE127-109

まさかのワンマン列車がきました。しかも2両…。長野~松本って需要多そうなんですけどね…。案の定終始立ち客がいました。
篠ノ井から先には日本三大車窓の姨捨があります。残念ながらこの車両は大糸線から南アルプスの方を見やすいように設計されているので、姨捨の風景は見づらいんですよね。ロングシートだと後ろ向かないと見れないですし…。

そんなこんなで揺られ続け、松本に到着。


松本では前回旅行で来た時に撮り逃したりしたものを中心に手短に撮ることにします。

とりあえずアルピコ交通を撮り…って、撮った後に気づいたんですが、線路はこの写真の奥の方に伸びていたんですね。てっきり長野方面に進むのかと…笑

あとは先程のE129やこの後乗る列車なんかを撮って、暑いので車内に避難します。

篠ノ井線~中央東線 小淵沢行き 211系N302編成 モハ210-3053

クロスシートにありつけると思っていたのですがその思いは打ち砕かれました。まさかのオールロングシートです。これで長野を脱出するのは不本意ですね……
しかも立ち客もかなりいて外がよく見えないので、特に感じることはなかったです。諏訪湖を久々に見れると思ったんですけどね…。

久々にチノ(茅野)駅も行けたので良かったですかね?笑

中央東線 普通 塩山行き 211系N318編成 クモハ211-1002

小淵沢では対面乗り換えなのかと思っていましたが、ホームを渡る必要がありました。めどい……

そしてやっとボックスシート付きの車両に出会いましたが、全部埋まってる…。仕方なくボックス席横のロングに腰掛けます。こちらも終始混んでいたので、外の景色を眺めることはできませんでした。雨が降っていたみたいですが…。

この電車は塩山行きですが、乗り継げる電車は甲府始発なので甲府で下車します。

小腹が空いたので甲府のNEWDAYSでおつまみ(クッキー)を購入。(お酒は)ないです。ぼきお酒弱いし。

中央東線 高尾行き 211系N321編成+N3??編成 クモハ211-1005

3+3両の211がきました。ちなみにやっとボックス席に座ることができました。発車を待っている間にお隣のホームに特急スーパーあずさが来ていました。乗りたい…ほんとは乗るつもりだった……笑
中央東線あずさ・かいじ系統は新型特急の置き換え案があるので早めに撮ったり乗ったりするべきですかね。いつになったら営業運転を開始するんだろ…

スーパーあずさの発車を見送り、乗車した普通列車も定刻に甲府を発車。盆地ということもあってか、もう日没です。

列車は甲府盆地のへりを走るような感じなので、塩山のほうまでくると甲府盆地の夜景がとても綺麗でした。この後は山の中なので真っ暗です。急に明るくなったら駅なんだな、という状況。

甲府市からの帰宅時間帯だったこともあり乗客が増えることはあまりありませんでしたが、上野原からどこかの高校の生徒さんが大量に乗車。おそらく日大明誠かな?車内は騒がしくなりましたが、それなりに礼儀は良かったです。たくさんの高校生を乗せた電車は終点高尾のホームに滑り込みます。


高尾では中央快速線に対面乗り換えができますが、それよりも目を引いたのが乗ってきた電車のお隣に止まっていた中央ライナー(の折り返し回送)。平日にお出かけすることがほとんど無い俺にとってはなかなか珍しいものを見たなぁ…と満足でしたね、その時は笑

とりあえずライナーの発車を見送り、八王子へ向かいます。

中央線 快速 東京行き E233系T15編成 モハE233-15

懐かしい列車ですね笑 やっと首都圏に戻ってきたんだー(棒)。八王子での乗り換えを考慮して前よりの号車を選んだのですが、思っていたよりすいていました。

横浜線 東神奈川行き E233系

あとは朝にきた道を引き返すだけです。さすがに数駅で降りてしまうので寝れませんが…………(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

相模線 茅ヶ崎行き 205系

こちらも引き返すだけみたいなもんです。それなりに混んでいたなぁという印象しかなかったです。

厚木に戻ってきました。(厚木~)八王子~高崎~篠ノ井(~長野~篠ノ井)~松本~甲府~八王子(~厚木)大回り達成です。厚木からの帰路は伊勢原行きの各駅停車が来ていたのでそれに乗車して帰りました。



今回は「電車に乗る」ということを目的とし、乗り鉄メインで行ってきたためあまり多くの写真を撮ることはできませんでした。それでも乗る列車や駅で止まっている時に見た列車なんかは極力撮るように心がけてみましたが、それでもいつもに比べてかなり少なかったです。
そして何より各所の滞在時間が足りなかったな、と感じましたね。碓氷峠文化むらにも行っていませんし、軽井沢駅では保存車両の見学もできていませんでしたし、できればしなの鉄道線内でも途中下車してみたかったです。また甲府での待ち時間でも改札外を散策できたな、と思いました。あとは高崎での待ち時間は少々勿体なかったかな…。

久々に関東を脱出する旅をしましたが、首都圏から出るだけで空気の違いを感じました。建物ばっかのところに居続けるのではなく、自然あふれる場所にできる限りいたいものです。

次に長野行くならじっくりと周りたいな…。霧ヶ峰も行きたいし、「あの駅」にも行ってみたい………。

伊勢原のメトロク



伊勢原駅に6102Fの回送列車が来ていました。メトロクがどんどん少なくなっている今、このような光景も貴重になってきていますね。実際これ以降マンロクしか見ておりませんので……。